こんにちは。Ramip! Lemonです。
週末は、チャオプラヤー川沿いの4つ星ホテル「sala rattanakosin (サラ ラタナコーシン)」へステイケーションに行ってきました。

ホテルがある場所は、バンコク三大寺院の一つ「ワットポー」の直ぐ横の路地を入ったところにあります。観光地のど真ん中に位置するホテルのため、パーキングは無く、タクシーやMRTを使って行く必要があります。

今回は、ロックダウン中のバンコクで店内飲食も禁止されているため”Stay & Dine in”プロモーションを利用して、ワットアルンリバービューのデラックスルームが THB 4,500 ++ で滞在できるプランを予約しました。このプランではチェックインとチェックアウトは通常通りですが(14時半 check-in 、12時 check-out ) 、滞在特典として宿泊費と同額のホテルクレジットが付いてきて、滞在中の食事代に利用できました。

このホテルの一番のポイントは大きな窓と目の前に広がるワットアルンの美しさです。川沿いのステイケーションプランは、今色々なホテルから出ていますがこの美しさは断トツでした。

チェックインを済ませた後、まずはお昼ご飯。ルームサービスのメニューから選択となるのでお値段は高めですが、ホテルクレジットが全部で5,200バーツ分付いているのでかなり大きいです。

お昼ご飯には、ガイヤーン&ソムタム、トムヤムクン、ヤムタレーとタイ料理の王道メニューを選びました。味付けはどちらかというと外国人向けのお味ですがどれも美味しかったです。

現在、ロックダウン中のバンコクは店内飲食禁止に加えて、観光地も閉まっているので、メインの観光エリアにいるものの街中が静まり返っています。今回のプランは食事も部屋に運び込まれて来るので、部屋から一歩も出る事なくずっと部屋でゆっくりと過ごしました。

雨季でずっと曇りだったので、残念ながら太陽は見えなかったのですが、日が沈むにつれてワットアルンもライトアップされ、とても幻想的な風景が目の前に広がります。いつもなら多く行き来している船も現在は稼働しておらず、また夜間外出禁止令も出ているため、この静かなチャオプラヤー川が見れるのは少し寂しいですが、今だけの贅沢かなとも思います。

夜ご飯は、タイ風カルボナーラ、サテー、トムカーガイのスープを頂きました。日中全然動いていないので、全くお腹が減っていなかったのですが、せっかくホテルクレジットがあるので、美味しく頂きました。

ワットアルンは夜中ずっとライトアップされているので、本当に窓の外を見ればこの光景があるのは夢の中にいるような気分になります。

朝ごはんは、English Breakfast 、サーモンベネディクトとムーピンを頂きました。 10時くらいに食べたのですが、前日もお腹いっぱいに食べているので残念ながら完食はできませんでした。4つ星ホテルですが、ご飯のクオリティーはかなり高かったように感じます。

ホテルクレジットも 4,900バーツとほとんど使い切り、ずっとホテルの部屋でゆっくりするプランでしたが、かなり気分転換になり大満足の滞在でした。(ずっとお腹いっぱいだったので、リングフィット持っていっても良かったかも笑 )

いくつかのホテルで、バンコクのステイケーションを体験していますが、ここはお勧めしたいホテルの一つになりました。週末にぜひいかがでしょうか。