こんにちは。Ramip! Lemonです。
今回の記事では、ヤオノイ島でのステイケーション2日目~チェックアウトまでの内容となります。1日目についてはこちらからどうぞ。

2日目はほぼ終日、今回のステイケーションパッケージに付いてきたオプショナルツアー「TOP5 checkpoint trip」に参加しました。他にも60分のアロマスパとパクビア島でのシュノーケリング&ヨガから選べたのですが、今回ヤオノイ島に来たのが初めてだったので、こちらのオプショナルツアーに参加する事にしました。ちなみに3つの選択肢の中でも1番人気の内容だそうです。

オプショナルツアーの前にまずは朝ごはん。オーダービュッフェ式でどれも美味しかったです。オプショナルツアーの集合時間が8時半で、朝ごはんの時間は1時間くらいしかなかったのですが、しっかり堪能出来ました。

ホテルを9時頃に出発し、ピックアップの荷台に乗り最初の目的地へ。ホテルの敷地を出るのに暫く舗装されていない私道が続くのですが、この道が中々激しくてアップダウンも多いので、リアルインディージョンズアドベンチャーのような感じでした。舗装された道路に出るまで意外に距離があり、最初の目的地に着くまでで結構疲れました。笑

まずは船に乗り換えてFish & Lobstar Farm (魚とロブスターの養魚場)へ向かいます。説明は全部タイ語で何言っているかは100%は分からなかったのですが、恐らくここで飼われている魚の特徴について説明していました。

日本のツアーの感覚だと、こういうツアーは各場所時間通りに進んでいくと思うのですが、参加者は私と妹以外全員タイ人で、タイ人の参加者は皆かなり楽しんでいて、ものすごく盛り上がっていたためか、滞在時間1時間とかなり長かったです。餌やりや魚に触ったりも出来るのですが、静かな魚と思いきや威勢の良い魚もいて容赦なく水が掛かるので注意が必要です。

これは見事に水を掛けられて応急処置で乾燥中の夫(SORA)のフィルムカメラ。どうにか無事だったので良かったです。。。

養魚場を十分に堪能した後は、次の目的地「Laem Haad Beach」へ。
このオプショナルツアー、正直どこに向かうか分からずに申し込んだのですが、まさか離島が入っているとは思わなくてかなりテンションがあがりました。

こちらのLaem Haad Beachは滞在しているヤオノイ島ではなくヤオヤイ島のビーチで、特定の時間帯に砂の細い道が現れるビーチです。白い砂浜に透き通る水で、海しかないビーチなのですが本当に綺麗で立ち寄れてよかったです。

船を降りた後はランチタイム。「Sawasdee Koh Yao」というレストランへやって来ました。朝ごはんを結構食べていたので、凄くお腹が空いていたわけでは無かったので「トムヤムクン ナムサイ」というココナッツの入っていないあっさりと酸味のあるスープを注文。素朴な味ながらもかなり好みの味で美味しかったです。

お昼ご飯の後は「Rong Na cafe」というカフェへ。。ヤオノイ島のオプショナルツアー参加している人はみんな立ち寄るカフェなのか分かりませんが、ここのカフェだけ何故かお客さんで溢れていました。田んぼに囲まれたカフェだったので時期が良ければもう少し綺麗な眺めだったのかもしれません。

カフェの後も2箇所位立ち寄った後ホテルへの帰路につきました。本当に盛りだくさんのツアーでホテル代は高かったですがこういう特典が付いていると滞在が更に充実して、また訪れた島のことも知ることが出来てかなり良いなと感じました。

ホテルに戻った後は部屋でゆっくり過ごして、2日目の夜はお隣のホテル「Paradise Koh Yao Resort」のレストランでご飯。1日目がタイ料理だったので2日目はピザとパスタにしました。

どちらの料理も美味しかったです。またお隣のレストランでしたがチェックアウト時に一緒にお会計出来たのも便利で良かったです。

3日目はプーケットに戻る船の時間まで少し時間があったので、午前中はセルフ前撮りの写真を撮り過ごしました。(こちらは別の記事にまとめる予定です。)

今回の滞在は2泊3日のパッケージにタイ政府の旅行補助 6,000バーツと年末年始の繁忙期追加料金8,000バーツをプラスして全部で39,800バーツ(約14万円, 3人)でした。ハネムーンや記念日旅行などにもぜひお勧めしたいリゾートホテル。行かれる予定の方の参考になると嬉しいです。