こんにちは。Ramip! Lemonです。
2022年のソンクラン休暇は、タイ在住中に行きたかった場所の一つ「クッド島」に行ってきました。2泊3日の旅行でしたが十分に満喫出来ました。写真が多く長くなってしまうので、旅行の様子を#1〜#3に分けてお届けします。

クッド島があるのはカンボジアとの国境トラート県。今回の旅行では飛行機は使わずにバンコクから車で向かいました。トラート県の手前のチャンタブリー県に友だちがいるので、前日は友だちとご飯を食べてそのままチャンタブリーに滞在。翌朝、時にチャンタブリーを出発しトラートに向かいました。

Laem Sok埠頭からフェリーで行くのですが、事前に調べてタイ人からの評判がとても良かったBOONSIRI FERRYというフェリー会社 (Webサイト)を事前予約しました。料金は往復で1人1,000バーツ。宿泊予定のホテルまでの送迎付きです。

今回2泊3日の旅行でホテルを1泊ずつ別の所を選んだのですが、(1か月前に予約したので、どこも満室で選択肢が他に有りませんでした。)行きと帰りの送迎場所を違うホテルで選択出来るのも良かったです。

Boonsiriの駐車場にパーキングがあるので (Google Map)、そちらに車を停めて船着き場までは、ソンテウで向かいます。駐車料金は有料ですが、1日50バーツと良心的なお値段でした。

駐車場に車を停めた後、ワクチン接種証明書の提示と乗船名簿の記載を行い受付へ予約確認書を乗船券へ交換しました。長期連休の為かかなりお客さんが多かったです。

Laem Sok埠頭からクッド島へは約1時間。到着してホテルを伝えると、同じホテルに滞在する人と乗り合いのソンテウに案内され、そこからさらに30分、ホテルへ向かいます。舗装はされている道路ですがアップダウンがけっこう激しく乗り心地は中々悪かったです。

1日目に選んだホテルは「Koh Kood Resort (コ クード リゾート)」
ホテルを探した時期が旅行まで1か月を切った時期で、かなりのホテルが満室とあまり選択肢が無い中で選んだホテルですが、クッド島では珍しい4つ星ホテルで、思った以上に良かったです。

まずはチェックイン。パスポートとワクチン接種証明書の提示が必要でした。ロビーの奥がレストランになっているのですが、開放的でここからの眺めが本当に良かったです。

チェックインの後はお部屋へ案内されます。4つ星ホテルですが、お部屋はコテージタイプ。緑溢れる中にあるリゾートホテルで、虫もたくさんいるので蚊よけ対策は必須でした!

ベッドは蚊帳が付いていて少し安心。ただ結構小さかったのと、穴も開いていたのでどこまで効果があったのかは分かりませんが冷房強くして、布団全部かけて寝たので虫には刺されることが無かったです。

シャワーとトイレは奥にありました。こちらは虫との共存型タイプの部屋?!だったので必要最低限の出入りにしました。シャンプーやボディーソープ等は無かったので持参が必要です。念のためドライヤーも持って行ったのですが、部屋に置いてあったので必要ありませんでした。

部屋に荷物を置いた後はランチへ。
夜は泊まったホテルでご飯を食べる予定だったので、少し気分を変えて別のホテル「To The Sea The Resort KohKood (トゥ ザ シー ザ リゾート クット島)」のレストランに行ってみました。

こちらのホテル、インスタグラムでフォローしている方が行っていて気になっていたのですが、この日は満室で泊まれず、ただレストランは宿泊者以外も利用出来るという事でビーチから歩いて行ってみました。

頼んだのはピザとイカ焼き。美味しかったですがお値段設定が私たちが宿泊していたホテルと比べると高かったです。

このホテル内には人気のフォトスポットがいくつかあるので、ご飯を食べた後は写真を撮って宿泊しているホテルへ戻りました。

#2へ続きます。