こんにちは。tawoです。

おうち時間を過ごす中で、テレビや映画で画面を見すぎてるなと感じた時に、漫画もおすすめ。今回は私もすっかり夢中になっている漫画「A子さんの恋人」を紹介します。

多摩美術大学出身の近藤聡乃(こんどうあきの)さんが描くこちらの漫画はKADOKAWAから出版されており単行本だと現在6卷まで発売されています。

ちなみに最新刊はつい先日発売されたばかり!

タイトルから絶妙に気になる「A子さんの恋人」ですが、主人公のえいこさん(29歳)のやっかいで愛おしい?日々が綴られています。大人女子たちにとってはあるあるだらけなんじゃないでしょうか。

私は、お気に入りの本屋さんでたまたま発見してパケ買い。

そして読み始めてすぐにはまってしまいました。

なんといっても登場人物たちがこぞってヒロイン感(ヒーロー感)がないのです。ちょっと性格がひねくれていたり悪口を言ったり(笑)リアルすぎてにやけてしまうような描写もたくさん。

そしてそんな彼らにいつのまにか愛着が湧いてしまうのがこの作品。

話が進むにつれてえいこさんの恋愛に感情移入してしまうとともに、登場人物たちに対して「しあわせになってほしい!」と切実に思ったり「わかるわかる。私にそっくり」と思ってしまったりするのです。

そしてこの作品の魅力の一つに、東京の街があります。

著者の近藤さんの実体験や学生自体も少し重なっているのか(こちらは想像ですが)美大生や漫画家の生活がリアルに想像でき、読んだ後についつい出てきた街にお出かけしたくなります。

画像は近藤さんTwitterからお借りしました

阿佐ヶ谷を舞台にしておりその周辺がよく登場しますが、スターバックスコーヒーや世界堂など、知っている場所がたくさん登場するのも面白いところ。

紹介はこれくらいにして、あとは本当に面白いこちらの作品をぜひお読みいただきたいと思います!

漫画サービスアプリやオンラインでも購入いただけます。

https://www.kadokawa.co.jp/product/321906000747/