こんにちは。Ramip! Lemonです。
今日はバンコクから日帰りで可能な観光地ピンクのガネーシャこと「ワット サマーン ラッタナーラーム (Wat Saman Rattanaram )をご紹介します。

ピンクのガネーシャはバンコクから東側のチャチューンサオ県に位置しており車で約1時間半の所にあるので、バンコクへ旅行に来た際に人気の日帰り観光地の一つです。

このガネーシャ像は、祈願成就が3倍速で出来ると言われていており地元の人からも人気となっています。ガネーシャ像の周りに14匹のネズミがいるのですが、片方の耳に願い事を囁いてお願いし、もう片方の耳からは漏れないようにしっかり塞ぎます。

ちなみに、私は願いが叶っていませんがこの後友だちは願いが叶っていました。(ガネーシャ効果なのかな?)
また、今回私はこのネズミにお願いしましたが、生まれた曜日のネズミにお願いするのが良いそうです。(このサイトから調べられました。)

タイで言われている曜日ごとのカラーは、月:黄、火:ピンク、水:昼 =緑 夜=黒、木:オレンジ、金:青、土:紫、日:赤となります。曜日ごとに洋服の色を分けてる人も多く(特に月曜と火曜と土曜はそう感じる)タイの人の生活に密接に関わっているのだなと感じます。

また一番人気はピンクのガネーシャですが、それ以外にも色々な建物や像があるので楽しめるかなと思います。駐車場から少し歩くのと、日除けできる場所があまり無いので暑さ対策はしっかりして行った方が良いと思います。

続いて、せっかく遠くまで外出し1箇所では勿体無いので、ピンクのガネーシャから20分くらいで行けるミニムーランファームをご紹介します。

特に人気の観光地という訳では無さそうなのですが、Google mapのクチコミが1600件以上あり、星も4つ以上の悪くなかったので立ち寄ってみました。(入場料はかかりません)

ここでは動物と無料で触れ合えたり(餌代は別)、ちょっとした散歩にとても素敵な雰囲気の場所でした。特にこの豚がとても可愛くて人気者です。

飲食できるスペースもあり、釜で焼いたピザがとても美味しそうだったのですが、お腹いっぱいだったので断念しました。後で調べてみたら、日本のピンクガネーシャへ行く日帰りツアーでもセットで立ち寄っているプランがあったので、ふらっと立ち寄ってみましたが、意外と知られている場所なのかもしれません。

公式ページはこちらから(公式ページFacebookGoogle map)
行かれる方の参考になると嬉しいです。