こんにちは。Ramip! Lemonです。
今回は、旧正月の時にタイ人がチャイナ服を着て訪れるのに人気になっていたカフェ「Tao Tao 滔滔」に行ってきたのでご紹介します。

カフェがある場所はプラナコーン地区。11時オープンのお店なので少し遅いスタートのお店です。車で行く場合は、お店にパーキングは無いので近くに停める必要があります。私たちはお寺があったのでそちらに停めました。(20バーツくらいだったと思います。)

早めに着いたのでお店の前で立って待っていたのですが、タイのお店あるあるで開店時間になっても開けそうな気配が無かったのでドアを開けたら、慌てて開店準備をして入れてくれました。

このお店、結構インスタグラムで見かけたので私も気になっていたのですが、妹の仕事で使用している名前がtawoで同じ名前だから、日本へ帰る前に絶対に行っておきたいという事で行ってきました。

漢字は違いますが、中々こんな名前のお店は日本にはないと思うので凄いタイミングが良いなと思います。

注文したのは、ミルクティーとプリン。ミルクティーがSignatureのお店のようなので期待していたのですが、紅茶の味が濃くてミルクの甘さが殆ど無いタイプの味でちょっと想像と違ったのが残念でした。

ミルクプリンはかなり美味しかったので、ドリンクと迷った場合はプリンをお勧めしたいです。

店内の雰囲気はノスタルジックな中華街にあるお店のような雰囲気でここにチャイナ服着て写真撮りに来たくなるのも分かる気がします。2階にも席があり、結構座席数は多かったです。

この周辺はワットサケ―トをはじめ、気になるストリートフードやカフェもかなり多かったのでまた行きたいなと思います。