こんにちは。tawoです。

今日は浅草観光にぴったりのロケーションに位置するホテル「HOTEL TAVINOS ASAKUSA(ホテルタビノス 浅草)」をご紹介します。

浜松町、浅草、京都にある“MANGA(マンガ)” をモチーフにした、空間デザインが楽しめるこちらのホテルの名前の由来は「旅の巣」。この場所を拠点に旅をしてほしいという願いが込められているそうです。

駅からの道順もわかりやすく、コンビニもすぐ近くにあります。

チェックインはtapAppliも導入しており、アプリをつかって事前に支払いや客室の選択、チェックイン手続きまですることが可能で、当日ホテルに到着したら発行されたQRコードを機械にかざすだけでカードキーを発行できます。

感染症対策として混雑解消や非接触でのチェックインができるのはとてもありがたいです。

部屋に向かうまでの間も遊び心満載の”MANGA”モチーフがたくさん。

今回宿泊した部屋は、ミニマムなタイプのダブルルーム。
簡易的ですがテーブルや椅子の用意もあり、一部屋ずつシャワールームがついているのも嬉しいところです。

軽食やアメニティ、設備などもかなり充実しておりとても快適に過ごすことができました。ラウンジでは1000冊以上の漫画が読み放題で、まさに日本文化に心身ともに触れることができます。

サービスは通常のビジネスホテルと同じくらい揃っているため、手ぶらで訪れても不自由なく快適に過ごすことができます。(部屋に備え付けのアメニティ以外もフロントでの貸し出しが可能)

これだけ楽しめて、1泊2,000円代〜とかなりお得なのも魅力的です。

浅草近くに観光の際に、是非利用してみてはいかがでしょうか。