こんにちは。Ramip! Lemonです。今回はエカマイで北タイ料理が食べられるお店「Lampang to Bangkok」をご紹介します。

お店があるのはエカマイの奇数側、soi12にあります。近くには「SLO Café(過去記事はこちら)」や「Featherstone café (過去記事はこちら)」など結構たくさんのカフェがまとまったエリアになっておりお勧めのソイです。駐車場もお店の後ろに完備されていたので車で行っても問題ありません。

店内はとても広々としており、今回平日のお昼時に行ったのですが客数もあまり多くは無かったので落ち着いた雰囲気の中食べられるのがとても良かったです。テーブルも大きかったのでワーキングスペースとして使用しているお客さんもいました。

今回選んだのは「ゲーンハンレー」と「ゲーンキアオワーン(グリーンカレー)」。いつも食べているゲーンハンレーは香辛料やハーブの香りが強いものなのですが、このお店のメニューはどちらも外国人が食べやすいような味付けになっていたので、どちらかというとマッサマンに近い味付けでした。またゲーンキアオワーンも辛すぎず、こちらも外国人向けの味付けだったのでとても食べやすかったです。

こちらの店舗では日本人にも人気のタイ雑貨「Chabatree(チャバツリー)」等を取り扱っていて、見ているととても欲しくなります。

ご飯と一緒に頼んだミルクティーも美味しかったです。タイ人に人気のゼリーとタピオカのミックスだったのですが、個人的にはゼリーはあまり好きじゃ無いので選べると更に良いなと思いました。

今回2人でシェアをしましたが結構お腹いっぱいになったので、3品頼まなくて正解でした。タイ料理が食べたい時などに是非行ってみてはいかがでしょうか。