こんにちは。Ramip! Lemonです。
今回はタイへ観光目的でノービザ入国した場合の延長申請をしてきたので、その流れと準備するものをご紹介します。2022年1月時点の状況になるので、延長申請に行かれる際は最新情報の入手をお勧めします。

まずタイへビザ無しで入国した場合は、入国日から30日までの滞在が可能になり、それ以上滞在する場合は30日の延長申請か出国前のビザ取得が必要です。延長申請を行いたい場合はまず下記の準備が必要です。電話で確認したところ余裕をもって1週間以内に行ったほうが良いとアドバイスを受けました。

・パスポート(原本)
・パスポートのコピー/ 到着スタンプのページのコピー/ TM6(Departure Card)のコピー
・TM7
・Photo (6cm*4cm)
・現金1,900バーツ(延長料金)
・ボールペン(青色)

TM7は予め印刷し、必要部分を記載してから行くと簡単でした。TM7には滞在先住所の記載が必要になります。また現地で書類確認時に申請者の電話番号とメールアドレスも記載するように言われました。写真は現地で撮ることが出来たので(100バーツ)準備していかなくても問題無かったです。

場所はムアントンタニーのイミグレーションセンター「タイ入国管理局ムアントンタニ臨時サービスセンター」。インパクトアリーナの近くです。現在コロナの状況による臨時施設のようだったので通常時はまた別の場所に変更になる可能性もあります。営業時間は土日祝除いた平日の8:30-12:00、13:00-16:30名でとなっています。また1日300人までのような記載もありましたが、呼ばれている番号は450を超えていたのでその時の混雑次第なのかもしれません。

まず1階でセキュリティーチェックと目的を伝えます。写真を撮っていない場合は1階の売店のような所で撮ることが出来るので先に撮ってから行った方がスムーズです。その後3階まで上がり順番を待ちます。TM7を持っていない人は並ぶ前に記載が必要です。

書類に不備が無いかチェックが終わった後、番号の記載された紙を渡されるので、部屋の中に入り番号が呼ばれるのを待ちます。

番号が呼ばれた後は、そのカウンターへ行き手続きがされます。ここで延長手数料の1900バーツを支払いました。その後パスポートの内容更新がされるので返却を待つのですがこの待ち時間がかなり長かったです。返却の順番もバラバラでした。(後の番号が先に呼ばれたり、前の人がまだ呼ばれていなかったりでした。。)

通常時の混み具合がどのくらいか分からないのですが、今回13時頃に到着して全て完了したのは15時半だったので時間に余裕を持って行った方が良いと思います。パスポートが返却され無事完了。30日間延長されていることを確認し、帰路につきました。タクシーもかなり出待ちしていたので移動手段は問題ないと思いますがメーターを使用してくれない場合はBoltがお勧めです。

結構時間がかかり疲れたので、以前から気になっていた近くのカフェ「Rynn Kaffe Specialty Coffee」へ行くことに。

イミグレーションセンターからは車で8分位の場所にあり、駐車場もありました。敷地内には雑貨屋さんとカフェが入っていてどちらも可愛かったです。店内の席数は無く、外の席で頂くか持ち帰りが可能でした。デザートが結構おいしかったのでお勧めです。(Google Mapはこちら

こちらに延長手続きに関する参考サイトのリンクを貼っておきます。